工場の求人は男性でも女性でもOK?実態を紹介!


工場の求人に男女差別はない

工場の求人は性別を限定して募集していると思われていることもありますが、基本的に男女差別はありません。昔から機械工場では男性、紡績工場では女性が活躍してきたのは確かです。戦前戦後の頃は男性は体力がある、女性は器用で繊細な仕事を淡々とこなせるという考え方がありました。そのため、適材適所の意味もあって工場の求人では男女差別があったのです。ただ、現在では男女機会均等が法律によって定められているため、男性でも女性でも工場の求人に応募できます。業務内容に応じて適性を考えて採用されることになるので、体力の有無などによっては採用されない場合もあります。そのため、性別が理由で工場で働けないという時代ではなくなっています。

工場では性別の偏りが大きいのが実態

工場では実態としてやはり男性か女性の一方が多い現場が大半を占めています。業務内容の適性を考えたときに、男性か女性のどちらかに偏ってしまうことが多いからです。紡績工場のように縫物の知識や経験があると有利な工場では、経験を持っていることが多い女性が多くなっています。一方、危険な作業を伴う金属加工工場や石油化学工場では男性が多いのが一般的です。紡績工場には男性がいない、金属加工工場には女性がいないというわけではありません。現場によっては女性のみ、男性のみという場合もありますが、性別を問わずに採用している工場もあります。やりたい工場の仕事を見つけたら性別を問わずに応募してみるのがおすすめです。

製造業が盛んな愛知の工場の求人には、工場でのライン作業を担当するスタッフから製造責任者まで、幅広いポジションの人を募集する求人があります。

Related Posts

オートメーション化が進む工場!求人の選び方のポイントは?

自分の手を動かすならオートメーションでない方が良い工場で働きたい人の中には自分の手を動かして製品の製造にかかわりたいと思っている人もいるでしょう。自分の手で作業をして製造をしていきたいなら、オートメーション化が進んでいる工場は避けるのが無難です。製造がほとんどすべてオートメーション化されている工場は…

工場で働くには資格が必要?無資格で良い仕事はある?

工場では業務内容によっては資格が必要工場で働くには資格が必要な場合があります。業務内容によっては法令で資格を持っていなければならないと定められているからです。国家資格が必要なケースはあまり多くありませんが、自動車整備士、ボイラー技士、エネルギー管理士などの資格が必要になる場合があります。また、工場内…

工場で機械の操作をしたい!どんな工場が良いの?

機械で製造するのは大型工場ならほぼ共通機械で製造する仕事をしたいという気持ちで工場の求人を探しているときには大型工場を選べばほとんど失敗はありません。大型工場では同じ商品を大量生産する製造ラインを作っていることが多く、製造に必要な機械の操作をするのが主な仕事だからです。工場が小さい場合には機械による…